姪浜院長 下野大|糖尿病を治療する全ての人へ贈る毎日を健康に過ごすためのコラム「大★ヒント」

医療人として | 糖尿病の治療について | 糖尿病についてのコラム「大★ヒント」 | 甲状腺の病気の治療について | プロフィール

その時々で適切な薬を使うことは健康を損なうことなく人生を歩むことにつながるはずです【ヒント★04】新しく追加された糖尿病治療薬|二田哲博クリニック姪浜 院長 下野大

【ヒント★04】
新しく追加された糖尿病治療薬

  糖尿病の治療は食事療法、運動療法、薬物療法が3つの柱になっています。これらの中でも薬物療法は近年の進歩が目覚ましく、2型糖尿病の治療として様々な薬剤が使用できるようになりました。2020年9月現在、日本の一般的な診療の中で使われる薬剤は、下図のように内服薬で7種類(ビグアナイド薬・チアゾリジン薬・α-グルコシダーゼ阻害薬・SGLT2阻害薬・DPP-4阻害薬・スルホニル尿素薬・速効型インスリン分泌促進薬)、注射剤(GLP-1受容体作動薬・インスリン製剤)で2種類があります。

【ヒント★04】新しく追加された糖尿病治療薬|二田哲博クリニック姪浜 院長 下野大

 それぞれの薬剤は異なる作用を持ち、糖尿病の状態や合併症の有無などを考慮して選択されます。血糖値が下がりすぎた状態を「低血糖」と言いますが、低血糖のリスクが低い薬剤も複数登場しており、より安全に治療をすることができるようになりました。注射剤についても煩雑だと思われがちですが、以前と比べて手技が非常に簡単になりました。
これら薬物治療の進歩もあり、糖尿病による血管合併症は年々減少しています。

【ヒント★04】新しく追加された糖尿病治療薬|二田哲博クリニック姪浜 院長 下野大

 また、今後も新しい作用をもつ薬剤や投与方法の違った薬剤も登場する予定のようです。
その時々で適切な薬物療法を行うことによって健康を損なうことなく人生を歩む、そのためにも薬物療法を行われている方はご自身の薬剤をしっかりと継続して下さい。







【ヒント★01】新型コロナウイルス感染症と糖尿病
【ヒント★02】熱中症を予防しよう。
【ヒント★03】感染対策と食事・運動療法の両立
【ヒント★04】新しく追加された糖尿病治療薬
次回【ヒント★05】サルコペニアを予防しよう

*文章、画像等を無断で使用することを固く禁じます。

医療人として | 糖尿病の治療について | 糖尿病についてのコラム「大★ヒント」 | 甲状腺の病気の治療について | プロフィール

姪浜院長 下野大|糖尿病を治療する全ての人へ贈る毎日を健康に過ごすためのコラム「大★ヒント」

関連した記事

[糖尿病]合併症がおきないようにしっかりと治療していけば、決して怖い病気ではありません。[甲状腺]めずらしい病気ではありません。しかし、発見しにくい病気です。[姪浜]海も近く、緑の多い。福岡中心部に近い人気の住宅地。市営地下鉄 姪浜(めいのはま)の駅のすぐそばにあります。[天神]福岡・天神北、「紳士服のフタタ」本社ビル7階。仕事と生活と文化の中心地にあります。カラダみがきプロジェクト

ご予約/お問い合わせご質問や不安なことがあればおたずねください。

092-883-1188姪浜(代表)

診察日の9:00~13:00 15:00~17:30

ques@futata-cl.jpお返事に時間を頂いてます。

携帯電話からメールでお問い合わせいただく場合のご注意。

二田哲博クリニック 姪浜 ホーム

理事長あいさつ
理念
特色
専門医と指導医について
資格について
カラダみがきプロジェクト
紹介リーフレットダウンロード
糖尿病
甲状腺の病気
内科
セカンドオピニオン
姪浜
天神
ドクター
スタッフ
初めて受診される方
再診いただく方
お問い合わせ
よく患者さんから
ご質問いただくこと
知りたいことから探す
「逆引きインデックス」
臨時休診
お知らせ
採用情報
リンク
ポリシー
アクセス
診療受付時間
サイトマップ

先頭へ