姪浜院長 下野大|糖尿病を治療する全ての人へ贈る毎日を健康に過ごすためのコラム「大★ヒント」

医療人として | 糖尿病の治療について | 糖尿病についてのコラム「大★ヒント」 | 甲状腺の病気の治療について | プロフィール

コロナ禍だからこそ糖尿病をしっかり治療して体調を整えましょう。【ヒント★01】新型コロナウイルス感染症と糖尿病|二田哲博クリニック姪浜 院長 下野大

【ヒント★01】
新型コロナウイルス感染症と糖尿病

 糖尿病患者さんの中には、新型コロナウイルス感染症にご不安をお持ちの方もいらっしゃると思います。診療の中で、「糖尿病があると感染症が重症化しやすいのでしょうか」とか「食事療法・運動療法をどのようにしたらよいのですか」などとお尋ねいただくことが多々あります。

 確かに新型コロナウイルス感染症は糖尿病があると重症化しやすいと考えられていますが、その一方で新型コロナウイルス感染症に罹りやすい訳ではないと報告されています(Journal of Endocrinological Investigation (2020) 43:867–869)。また、糖尿病があっても血糖コントロールが良好であれば新型コロナウイルス感染症の経過は悪くなりにくいとも報告されています(Zhu et al., 2020, Cell Metabolism 31, 1–10)。

 現時点でできる大切なことは、「新しい生活様式」(下図)に示されるよう感染予防に努め、たとえ感染しても重症化しにくいように良好な血糖コントロールを維持しておくことです。新型コロナウイルス感染症については、まだまだ分かっていないことも多く、これからも様々な情報が得られることでしょう。

 この新型コロナウイルス感染症に関して、糖尿病患者さんに気をつけていただきたいことが分かりやすくまとめてあるサイトがあります。それは、公益社団法人日本糖尿病協会のホームページです。情報は随時更新されておりますので、ぜひご活用ください。



新しい生活様式

▲クリックするとPDFファイルを表示します▲




【ヒント★01】新型コロナウイルス感染症と糖尿病
【ヒント★02】熱中症を予防しよう。
【ヒント★03】感染対策と食事・運動療法の両立
【ヒント★04】新しく追加された糖尿病治療薬
【ヒント★05】サルコペニアを予防しよう
【ヒント★06】スティグマとアドボカシーって何でしょう?
次回【ヒント★07】2020年を振り返って

*文章、画像等を無断で使用することを固く禁じます。

医療人として | 糖尿病の治療について | 糖尿病についてのコラム「大★ヒント」 | 甲状腺の病気の治療について | プロフィール

姪浜院長 下野大|糖尿病を治療する全ての人へ贈る毎日を健康に過ごすためのコラム「大★ヒント」

関連した記事

[糖尿病]合併症がおきないようにしっかりと治療していけば、決して怖い病気ではありません。[甲状腺]めずらしい病気ではありません。しかし、発見しにくい病気です。[姪浜]海も近く、緑の多い。福岡中心部に近い人気の住宅地。市営地下鉄 姪浜(めいのはま)の駅のすぐそばにあります。[天神]福岡・天神北、「紳士服のフタタ」本社ビル7階。仕事と生活と文化の中心地にあります。カラダみがきプロジェクト

ご予約/お問い合わせご質問や不安なことがあればおたずねください。

092-883-1188姪浜(代表)

診察日の9:00~13:00 15:00~17:30

ques@futata-cl.jpお返事に時間を頂いてます。

携帯電話からメールでお問い合わせいただく場合のご注意。

二田哲博クリニック 姪浜 ホーム

理事長あいさつ
理念
特色
専門医と指導医について
資格について
カラダみがきプロジェクト
紹介リーフレットダウンロード
糖尿病
甲状腺の病気
内科
セカンドオピニオン
姪浜
天神
ドクター
スタッフ
初めて受診される方
再診いただく方
お問い合わせ
よく患者さんから
ご質問いただくこと
知りたいことから探す
「逆引きインデックス」
臨時休診
お知らせ
採用情報
リンク
ポリシー
アクセス
診療受付時間
サイトマップ

先頭へ